読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

鶏むね肉×マイタケで極上の柔らかい鶏むね肉を提供します

ガッテン 2016年の4月27日に放送された内容は
「鶏むね肉を超やわらかく仕上げる裏ワザ!」
というテーマ、鶏胸肉=ぱさぱさな肉
というイメージは払拭できないよね~


目次

どうして鶏胸肉が注目されてるの?

一番の理由はやはり・・・
「イミダゾールジペプチド」
含まれているからだと思う。


これは何かというと、疲労回復物質なのね。
かなりの量が含まれているから、鶏胸肉を
100g程度食べただけで十分なイミダゾールジペプチドを
補えるということなの。


だけど冒頭でも言ったとおりさ、パサパサして
食べると口の中で一番最後に残ったりするのよ(笑)


ガッテンでは以前、鶏むね肉のパサパサ感を解消するため
特集を組んだことがあって、その時は
フォークで鶏むね肉を刺しまくって、水を吸わせてから
焼いていく、という方法だったんですよ。


だけどこれ以上に柔らかくすることが
今回は可能だっていうんだから、期待大ですな。
一体何を使うのかというと・・・マイタケ!?


マイタケがどうして鶏むね肉を柔らかくするのよ?

マイタケです、あのマイタケよ、炒めると黒い汁がでるあれ(笑)
どうして鶏むね肉を柔らかくしてくれるのかというと
「タンパク質分解酵素が豊富に含まれている」
ためだからです。


具体的にはどのようにマイタケを使うのかを知りたいですよね?
極上ジューシーな鶏むね肉を焼く前の下ごしらえ
こうなってますぜ!


1 マイタケをみじん切りにして袋へ入れる
2 水を少々、袋に入れる、恐らく水はそんな多くなくていい
3 食べやすい大きさに切った鶏むね肉を袋へ入れる

これだけで下ごしらえは完了でございやす。
じゃあ最後に、この下ごしらえも踏まえ
ガッテンで紹介された、しっ鶏ナゲットの作り方を紹介!


しっ鶏ナゲットの作り方

1 マイタケ4分の1個をみじん切りにする
2 1を袋に入れ、砂糖と塩を少々、水を大さじ1杯入れる
3 鶏むね肉を入れて1分間揉み込む(食べやすい大きさに切ってくれよ~)
4 切った鶏むね肉が重ならないように、平らにして冷凍庫で保存
5 凍ったのをばらして、小麦粉をつけよう
6 ボールの中に、卵1個、粉チーズ少々、マヨ大さじ1を入れて混ぜよう
7 6の中に凍ったママ小麦粉をつけた鶏むね肉をくぐらせる
8 フライパンにオリーブオイルを入れて揚げ焼き

この工程を踏まえれば、しっ鶏ナゲットの完成だぞ!