ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

血栓を自力で溶かすために必要なt-paは運動で増やせるのか!

ガッテン 2016年5月11日放送内容は
「血栓を自力で溶かすためには」
考えたこともなかったけど、この血栓が原因で
心筋梗塞や脳梗塞にもなってしまうっていうしね。
年間で12万人が、この血管系疾患で亡くなられているそうです。


目次

血栓っていつだってあなたの身体に作られてるのよ?

驚きかもしれませんけど、血栓はいつだって
あるのです、無くなるっていうことはない。


特に緊張状態になると血栓は出来やすいと言われていて
放送で行われた実験、10年前に閉館された
病院で、人形を取ってくるということをして
もちろん脅かす仕掛けも駆使し、人形を取ってきた後
すぐに血液検査をすると
血液は3割も固まりやすくなっていたそうです。


血液を固まりやすくさせる正体は、フィブリン

フィブリンという物質が、血液を固まりやすく
させるというのです、まずフィブリンがどういう物質か
わからないとダメですよね。


フィブリンは血液中の中にいて、身体の何処かで切り傷を
負うと、切れて血が出た!っていうのをすぐに察知して
一気にフィブリンが集まり、血を止めてくれるのです。


いわばフィブリンというのは血を止めるためにある物質
もしなかったら、血は傷口から流れっぱなしということになり
出血多量で・・・お陀仏ですよね。


でもね、どうして驚いたりしただけでフィブリンが
分泌されるんでしょうね?


それは恐怖やストレスが関わり、フィブリンが暴走を
してしまうためなんです、いたるところで血を固まらせ
ようとするため、結果的に血がどろどろになり
血栓が出来やすい状態となる。


海外ではクリスマス時期に血栓ができて緊急搬送
なんていうこともあるんですよ・・・・


血栓を溶かすため、ここでt-paの出番!

t-paは脳梗塞を起こした際に、4時間以内であれば
血栓を溶かす役割があり効果的なのですが
4時間を超えると、今度は血が止まらなくなり
命の危険があるため、使えません。


そんなt-pa、実は私達の血管でも生み出すことが
出来るんですよ!
どこから作られているのかというと、血管内皮細胞
というところから分泌されるのです。


どうやってこのt-paってやつを血管内皮細胞から
分泌させればいいのか?
それは・・・運動です、ウォーキングを30分ほど
するだけで数週間で、血栓を溶かす力がアップする
続ければ続けるほどいい!


激しい運動したらどうなる?
気になるよね?どうなるかって・・・
そしたら、めちゃくちゃあがるのよ(笑)


通常の21倍も、血栓を溶かす力を得られたけど
これは一時的だから、あまり意味は無いと思う。
だから、じっくりとウォーキングをしたほうが
長期的に見れば効果的。