ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

卵の賞味期限の秘密、ぷりぷりふわふわに食べる調理法はこれね!

ガッテン 2016年5月18日の放送内容は
「卵をぷりぷりふわふわにし、そして食べる」
卵美味しいですよね、毎日いくつ食べても問題ないと
今は発表されていますし、栄養価も高い。

目次

賞味期限切れの卵?全然気にしないぞ?

意外かもしれませんけど、卵の賞味期限って
あんまりあてにならない(笑)


放送でも卵の賞味期限が2ヶ月、3ヶ月たったものでも
平気で食べるという人もたくさんいました。


どうして大丈夫なの?
それはね、卵に菌がつきにくいから。


卵には殻があって、卵白があってと
何層にもなって真ん中にある黄身を包んでいます。
この黄身に雑菌がつくことで、初めて腐るのです。


菌がたとえ殻から侵入成功しても次は卵白があるから
そこから黄身にたどり着くのも一苦労。


だけど日数が数ヶ月くらい経ってくると、卵白が
少なくなっていき、黄身を卵の真ん中にキープしていた
カラザという部分があるんですが、これが弱くなると
黄身が偏ったりして、真ん中を維持できなくなる。


黄身は脂分が多く軽いため、段々と浮いていく
そしたら雑菌がより近くなってしまうため、腐ってしまう。
このようになってしまうのが、大体常温で2ヶ月
冷蔵庫保存で4ヶ月と言われている。


じゃああの賞味期限は一体なんなの?
あれは、卵を生み出す過程が関係していて
たまにですが、卵を作り出す鶏が黄身に菌を
つけている場合があるのです。


それがあるため3週間という賞味期限をもうけてる
確率で言えば3万分の1と言われているから
あんまり気にしなくていいし、仮にいてても
70度の加熱を1分すると、菌は死滅するからね。


前置きが長くなりすぎた・・・
卵をふわふわ、ぷりぷりとするつくりかたへ行くよ。


ぷりぷりゆで卵を作るためには?

プリプリのゆでたまごを作るのに必要なのが古い卵
この古い卵のほうが、ぷりぷりするから。


新しい卵は、新鮮なこともあり二酸化炭素が多くあり
ぼそぼそとした食感になり、あまり美味しくない。


古い卵でゆでたまごを作ると、二酸化炭素が抜けているので
ぷりぷりとして美味しいゆでたまごが完成する。


最高の卵かけごはんを作ろう!

こっちは新しい卵を使って
1 卵白と卵黄をわけよう
2 先に卵白をごはんに投入し混ぜる
3 ふわふわしてきたら、卵黄を入れて出来上がり!

簡単ですな。


最後は万能ふわたまソースを作ろうか

チキンライスやほうれん草のソテーにかけよう!
作ってみて味わうと、他にもこれにかけてもいいな
っていうのが出てくるかもしれない。

1 ボールの中に卵白を入れる
2 網じゃくしをつかい混ぜる、卵白にこしがある場合は40度に温める
3 ふわふわになれば完成

新しい卵よりも、古い卵のほうが
ふわふわに泡立つよ~。