ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

目の色覚異常はどうして起こってしまうのか?

2016年10月5日のガッテン、テーマは
「目の色覚異常」
見間違いや色の見え方の違いなど、これらは
誰にでも起こる可能性があることなのです。



ある女性が調理中に髪の毛を焦がしていたのです
ガスコンロを使っていたのですが、女性は目の異常で
ガスコンロの火の高さが把握しきれていなかった。


このようなことを着衣着火といい、年間100名の
方の命が落とされている。


ガスコンロの火でどうして気づかなかったのかと
不思議に思うかもしれませんが、あの青い炎って
高さが見づらくなってくるそうなんです、どうしてか?


その前に一般の方達に協力をしてもらい
靴下の色を揃えてもらいました。


どの靴下の色もよく似たような色を集めてそれを
間違えないように合わせていく、すると
若い人はなんとか間違いは少なく済みましたが
高齢者の方は、半分もあってなかった
ということがわかったのです。


もうおわかりかと思いますが、これは
「加齢による色覚異常」
だったのです。


色覚異常が起こる仕組み
目には網膜という部分があり、ここはスクリーンの
ような役割がある部分で、網膜を伝い
視神経を通って脳に見たものは何かを認識させる。


その網膜の奥には錐体細胞という細胞があり
これが色を感知してくれているのです。


錐体細胞は赤、青、緑と3つの種類の色が中心となり
見たものの色の判別をしている
ですが加齢とともに錐体細胞は減少していきます
しかも、青の錐体細胞が元々少ないために
青の錐体細胞は比較的減っていきやすく
青系の色の判別もそれに応じ難しくなってくる。


もう一つ原因があり、それは水晶体の濁り
黄色く濁ると青色を水晶体が通しにくくなり
青の判断がつきづらくなる。


冒頭の加味を焦がした女性もまた、青の錐体細胞が
減少したために、ガスコンロの青色の炎の
高さがわからず焦がしてしまったのです。


青の錐体細胞が少ない理由は、我々の祖先は
海から誕生し陸へ上がってきた
海の中は青ですが、陸へ上がると青のものって
少なくないでしょうか?自然界に青が
存在する場所は海以外あまり見かけない。


なので錐体細胞は、青ってそんなに必要ないよね?
っていうことで数を減少させてしまったのです。


加齢の色覚異常で起こることで比較的多いのが
・着衣着火
・階段の踏み外し
・化粧が濃くなる
・病変を見落とす
・5円と50円の見間違い
・靴下の履き間違い

というのがあります。


対策はどうしたらいいのか?残念ながら失った
錐体細胞は戻ることはありませんので、色をより
見間違わないように確認するためには、明るい場所で
確認することを意識しましょう。