ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

骨盤底筋を刺激し膀胱を緩くしたら、おしっこトラブルが改善される!?

2016年10月19日のガッテン、テーマは
「おしっこトラブル全部解決の5秒ワザ」
尿トラブルというのは本当に多く、高齢者の
殆どの方は何かしらのトラブルを抱えていると
言われております。

目次


おしっこトラブルのカギを握るのが膀胱

健康な人の膀胱って、どれだけ尿を貯められるのか?
なんと小さいペットボトル500ml分も
貯められるのです。


しかしおしっこトラブルを何かしら抱えている人は
膀胱が硬くなってしまっている。


どうして膀胱が硬くなったりするのか?
それはある筋肉が衰えているためなのです。


その筋肉というのは、骨盤底筋という筋肉
どこにあるのかというと、膀胱の下のあたりにある
この骨盤底筋が弱くなることで膀胱などが垂れ下がり
本来の働きができなくなってしまう。


しかし、お尻の穴を締めたり緩めたりする
運動をすることで、この骨盤底筋が使われるのです
やり方は簡単で、5秒間お尻の穴を締めるだけでいい。


すると膀胱が柔らかくなってくる、骨盤底筋も
鍛えられていきますからね
硬い膀胱って、血流が不足している状態ともいえる。


血流が良くなることで、血液が酸素や栄養を運んできて
それで筋肉の柔軟性を持たせてくれるので
筋肉にとって酸素はとっても大事
膀胱だって薄い筋肉なんですよ、だから血流の変化を
受けやすい部位でもある。


頻尿の場合はどう対処すればいいのか?

膀胱を鍛えることはわかった、しかしそんなことを
することができないくらい頻尿トラブルが有る
場合はどうすればいいのか?


放送していた時に登場した男性はなんと36歳で
決して高齢者ではありませんでした。


10分に1度は尿意を催していたそうです
こういう場合はどうしたらいいのかというと・・・我慢する。


たったこれだけで頻尿が改善されたのです
どうしてかというと、膀胱には尿センサーというものが
付いており膀胱に半分くらいの尿がたまると
トイレ行ったほうがいいんじゃない?っていう
サインを出してくれる。


男性の場合この半分の時にトイレに行ってたので
尿センサーは、半分の状態の時を尿をためる限界値
だと勘違いしたわけです。


なので我慢することで、私の尿の限界はそこではなく
もう少し先にあるんだよ、っていうのを
尿センサーに教えるために我慢をする。


最初はいつもこの時間が限界だった、というところから
5分我慢するところから始めていき、それを
10分、20分、40分、1時間という感じに
伸ばしていくようにしましょう。


男性のちょい漏れ、これどうしたらいいの?

尿を出し終えてから、動き出す時・・・・
あ、でた・・・
っていうことありませんか?


実はおわかりの通り残尿だったということですよね
これって排尿後滴下って言われているんです。


膀胱が硬いために尿の勢いが弱くなってしまい
少しだけ尿が尿道に溜まってしまうのです。


そういうときは男性の睾丸の付け根のすぐ後ろにある
会陰部という部分を押してください
すると尿道に残った分を押し出すことができます。