読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

腺腫は大腸がんの種?青い液体の秘密はなんだ?便潜血検査は受けたほうがいい!

2016年10月26日のガッテン、テーマは
「大腸がんにならないぞスペシャル」
遂に大腸がんはガン全体の罹患率で1位となりました
それだけ身近ながんとなってしまったのです
早期発見がより重要となりましたね。


目次


大腸内視鏡カメラで便秘が治った?

おかしな話ですよね?だけど改善されたっていうんですよ
他にも
・肌の調子が良くなった
・ダイエットにも繋がった
など、信じられないことばかり。


大腸内視鏡検査を受けただけでどうしてこのような
事が起こったのでしょうか?


それは検査の前に服用する下剤にヒントがあった
この下剤が強力なのです
それが検査後も薬の効能が残っていて
その結果便秘が解消されたりするのです。


また大腸がんになりやすい、なりにくいということが
分かる検査もあるというのです。


青い液体を大腸ポリープにかけたら模様が・・・

大腸カメラの検査をするとき、青い液体を
大腸に向けてブシャーってかけます、これって
何を調べているのかというと、大腸がんになる
リスクがあるかないかを見ているのです。


大腸のどこに青い液体をかけているのかというと
大腸ポリープにかけているのです。
大腸ポリープは良性もあれば悪性もある
つまりこの良性と悪性を見分けるために青い液体は
かけられている。


そしてかけた時に確認するのが大腸ポリープの模様
大腸がんに発展する可能性がある大腸ポリープは
模様が脳みそのような感じなのです
良性は水玉模様なんですって。


この脳みそのような模様がある大腸ポリープのことを
腺腫という言い方をします。
腺腫が大腸がんになる可能性は最大で5%と言われている


しかし可能性がある大腸ポリープは取っておいたほうが
いいに決まってますよね?
検査の際腺腫が見つかったら、大腸カメラからワイヤーが
出てきて焼き切るようにしているとのこと。


焼き切ったからといって安心はできません
腺腫が見つかった人は、大腸の他の部分でも
腺腫ができやすいと言われているからです。


腺腫が見つかった人は大腸の検査は1年から3年の
間隔で検査をするようにしましょう
それ以外の良性の場合は、便潜血検査をするように。


また大腸がんというのは、全身運動をすることで
リスクを大きく下げられるガンでもあります
ジョギングや水泳などの全身運動はオススメ。


便潜血検査で気をつけたい季節がある

便潜血検査を受ける際、気をつけてほしい季節がある
それは夏です、夏は暑いため便が血液を分解してしまう。


夏は体温が高いため腸内細菌も活発になる
便の中にも腸内細菌はいてます、実は腸内細菌は
便の3割を占めているんですよ?


なのでこの腸内細菌が血液を分解してしまうので
便潜血検査の正しい結果がわかりにくい
初回の発見率は45%と言われています。


しかし対策はあります、便潜血検査をしてすぐ
冷えた場所に保存をすることなのです
つまり冷蔵庫に入れてしまう。


汚いかもしれませんが、これが一番ベストな保管場所
また便潜血検査をする季節も冬がいいかもしれない。


検査をすればするほど、発見率は上がってきます。
2年目になると9割を超えてくる
なので毎年受けることがいいようです。