ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

緑茶のカテキンは口内フローラも整えてくれる

2016年11月30日放送のガッテン、テーマは
『口内フローラ』
お口にもフローラってあるんですね。



お口の中の悪玉菌が増殖してくると、歯茎で悪さをし
傷つけていくと毛細血管に入り込み
悪影響を及ぼします。


口内フローラ、つまりお口の中の細菌って
1千億個もいて、種類は500も
しかし割合は、善玉菌が9割で悪玉菌が1割


何だそんなに多くないじゃないかって思うでしょうが
これは健全な人の場合の割合で
ほとんどはこの割合、崩れていると考えてもいいかもしれません。


悪玉菌の中でも最も危険な細菌といわれるのが
ジンジバリス菌という歯周病菌。


体内に入り込むと
脳梗塞や心筋梗塞、肝炎やガンなどを引き起こす
原因となる可能性もある。


ガッテンでお馴染みの宮森くんという若手の
アシスタントがいるのですが、彼に1週間歯磨きを
しないで過ごしてもらったら、悪玉菌と善玉菌の
割合が5対5という割合となったのです
たった一週間でこれほど変わるのか・・・


ジンジバリス菌が体に侵入しているサインは
毎回歯ブラシで出血をする
口臭がひどくなった
口の乾燥がひどい
歯茎がはれる
という場合は既に血液内に侵入しているかもしれない。


どうやって歯周病菌が血液に侵入しているのかというと
歯周病菌が溜まるのって歯と歯の間や
歯茎の間に溜まりやすいとされていて
これをきれいに取り除いていないと、歯周病菌は
歯周ポケットを掘り進め血管の所まで到達したら
傷つけてしまうのです、そして出血してしまったら
その流れに乗り血管の中に侵入していくのです。


では口内フローラを健康に保つにはどうすればいいか?
まずは歯磨きは基本ですが、その時に歯間ブラシや
糸ようじなどを使い歯周病菌が溜まりやすい所を
きちんと磨いておきましょう。


次に緑茶でうがいをしましょう
100mlのお湯に粉末緑茶をスプーン山盛り1杯入れて混ぜる
それを口に入れてぐちゅぐちゅうがいをする
歯磨き後にやるといいとのこと
カテキンの抗菌効果が悪玉菌の繁殖を抑える。