読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガッテン語り草のお部屋

ガッテンの放送内容をメモっているだけですよ。

ネギのヌルと青い部分が風邪予防に!?どういう意味?

2016年12月14日放送のガッテンは、ネギ特集です
ネギがもたらす健康効果などを紹介。



ネギの健康効果は?

ネギは全国で37種類もあるそうです、地域によって
大きさも形も若干の違いはある
でも甘くておいしいんですよね~ネギって。


このネギの香りってとんでもない力を持っているのです
どういうことかといえば、ネギを切ったら
アリシンという辛み成分が出てくる
これが空気に混ざり鼻に入ってくると
血管が拡張して血流がアップする、そして
細菌やウイルスに対しての抵抗力も上がるのです。


食べるよりも嗅いだ方がいい、食べるとなると
香りが飛んでいる場合があるので。


ネギの食べ方も色々あって
・大阪はネギ焼きとして食べる
・京都はラーメンに大量に入れる焦がしネギラーメン
・九州は酢味噌に付けて食べる
・埼玉県は餃子屋串カツ、鍋などに入れて食べる
・福島県はネギそば

という感じで食べられています。


ネギの健康効果ですが、抵抗力を強める力があり
免疫を司る抗体を増加させたり、マクロファージとNK細胞
という免疫にかかわる成分を活性化させるのです。


これらの栄養を効率的に摂取する食べ方ですが
ネギの青い部分を食べるといいのです
そこにヌルと呼ばれる粘液があり
それが抵抗力を強める力があると言われている。


世界のネギの調理法、おすすめはウェルシュレアビット

世界でもネギを国民的野菜としているウェールズでは
ウェルシュレアビットというネギトーストを
普段から食べている、そのほかにも料理がありますので
詳しい情報は、下記のサイトでご確認ください。

ネギで免疫力アップ!ウェルシュレアビットの作り方は?
eyaurban.com